カードローンにおける即日融資と即日発行の違い

カードローンを申し込む際に考慮すべきポイントは、金利と利用までにかかる時間です。カードローンを利用できる金融機関は、銀行や信販会社や消費者金融が挙げられます。それぞれで、金利や審査スピードは違うので、その時の状況に合わせて正しく選ぶことが大切です。銀行は金利が低くても、審査スピードが遅いので緊急事態には向きません。逆に、消費者金融は高金利ですが、審査スピードは非常に速いので緊急事態に向きます。そして、気を付けるべきポイントは、即日融資と即日発行の違いです。まず、即日融資はその日の内に審査を済ませて、その日の内にお金を引き出せるようにするということです。即日発行は、カードローンの利用に必要なカードを、その日の内に発行して郵送するということです。つまり、後者の場合は実際にお金を借りられるのは、そのカードが手元に届いてからになるので、3日程度かかります。緊急事態で、その日の内にお金が必要になった場合には、間に合わなくなってしまうので注意が必要です。ホームページには、即日融資と記載されていても、申し込み時間によっては次の日になる可能性もあります。また、即日発行であっても、カードが手元に届く前にお金を借りられる様にしてくれる場合もあります。即日融資と即日発行という言葉に惑わされずに、具体的にどういった行動をすれば、即日融資してもらえるのかをホームページを見て確認しましょう。金融機関によって、微妙に制度は異なります。